ヘモ・ヘルニア日帰り手術クリニック
胃腸内科/大腸・肛門外科/内科/麻酔科

〒481-0004
愛知県北名古屋市鹿田栄109番地1

TEL:0568-23-2007

名鉄西春駅東口より徒歩3分

ホームクリニック紹介日帰り手術(痔・そけいヘルニア)痔について鼻からの胃カメラアクセス

クリニック特色

クリニック特色|北名古屋市の胃腸内科・大腸・肛門外科・内科・外科・麻酔科|いぼ痔・切れ痔など

携帯電話でQRコード
を読み取って下さい。

実力医の履歴書

実力医の履歴書 外科系Ⅰ
(平成18年9月)
完山泰章院長が紹介されました。

HOME»  クリニック特色

女性専用待合室

当クリニックではプライバシーに配慮し、女性専用待合室をご用意しております。周囲に気をつかうことなく安心してお待ちいただけます。また、ベビーチェア、ベビーシートを設置したトイレがございますのでお子様連れの方にも安心してご使用いただけます。

女性専用待合室

女性専用待合室女性専用待合室女性専用待合室

肛門疾患

肛門疾患の3大疾患といえば、1.いぼ痔(痔核)、2.切れ痔(裂肛)、3.あな痔(痔ろう)です。
成人の半数以上の方が、痛み、出血、いぼの脱出などなんらかの症状を経験したことがあるといわれ、痔はもっともポピュラーな疾患の一つであるといえます。

肛門疾患

痔の治療というと手術を第一に思い浮かべる方が多いかもしれません。そして、なにより手術は痛い、痔の治療は痛いというイメージをもっておられる方が多いのではないのでしょうか。
実際のところは、痔で病院を受診される方のほとんどは手術をすることはなく、保存的治療(薬、生活習慣の改善など)で軽快していきます。また、最近では手術にかわる治療(ALTA療法【ジオン硬化療法】)が内痔核に対しておこなわれるようになり、切らずに治す方法も出現してきました。
痔の治療は、痔の状態の把握、進行度など的確な病態の把握やそれぞれの状態にあわせた治療の選択が必要で、高い専門性が要求されます。

当クリニックでは大腸肛門病専門医、指導医の院長が、患者さんそれぞれの痔の状態に合わせた治療を選択していきます。治療としては薬の治療や生活習慣の改善などの保存的治療をまず行い、外科的外科的療法ではALTA療法【ジオン硬化療法】、輪ゴム療法、シートン法などの治療を単独であるいは切除術と組み合わせて治療していきます。手術はできるだけ痛みを少なく、低侵襲(=体の負担が少ない)な方法で、原則日帰り手術で行います。

さらに詳しくはコチラ

 

日帰り手術

日帰り手術とは?
文字どおり手術したその日に帰宅することが可能な手術です。一泊入院の手術(手術後24時間以内の退院)も日帰り手術(Day Surgery)としていることもあります。以前では手術後数日から1週間ほど入院が必要とされていた手術が、麻酔、手術手技の進歩で日帰りが可能となりました。米国では手術の7~8割が日帰り手術だそうです。最近では日本でも徐々に日帰り手術を導入する施設が増えてきました。

日帰り手術のメリット
入院期間がないことで仕事などの影響を最小限におさえられ、早期に職場復帰が可能です。また、日帰り手術を可能にするため手術、麻酔に工夫がなされ、より体に負担が少なく、痛みも少なく、安全性を重視した治療となります。経済的にもメリットがあります。入院の費用がない分、治療費は安くなります。入院では、自宅とは違う環境のため少なからず精神的ストレスがありますが、日帰り手術であれば術後は自宅療養のためその心配はありません。

当クリニックでの日帰り手術
当クリニックでは、おもにそけいヘルニア手術、痔疾患手術を日帰り手術でおこなっております。日帰り手術を希望の方はご来院後、診察により日帰り手術可能かを判断させていただきます。持病で重い病気を持っている方などで日帰り手術ができない場合もございますのでご了承ください。術後は24時間体制で緊急連絡をとれるようにしておりますので、自宅で安心して療養ができます。また、術前、術後を含め途中で入院を希望された場合は連携病院と相談し、すみやかに対応させていただきます。

 

そけいヘルニア

成人そけいヘルニアとは?
成人そけいヘルニアとは、そけい部(足の付け根の部分)の筋肉や筋膜が年齢とともに弱くなり、腹膜が飛び出る病気です。腹膜とともに腸などの内臓の一部も飛び出るため脱腸と呼ばれています。成人そけいヘルニアは50歳代以上の男性に多いですが、若い方や女性にも認めます。最初は小さなふくらみであったものが、時間とともに徐々に大きくなってきます。自然には治りませんから治療が必要です。唯一の治療法は手術です。薬では治りません。まれに飛び出た腹膜にはまり込んだ腸がもどらず、局所の硬いはれと痛みがが出現すると(ヘルニアかんとんといいます)、場合により緊急手術が必要となります。そけいヘルニアかなと思われたら、早めに一度診察をうけることをおすすめします。

当クリニックでのそけいヘルニア手術
当クリニックではそけいヘルニアの日帰り手術をおこなっております。手術は、ダイレクトクーゲル法、クーゲル法、メッシュプラグ法で行います。おもにダイレクトクーゲル法で行いますが、症例により他の方法で行います。手術時間は30~40分程度で、麻酔は局所麻酔または硬膜外麻酔に静脈麻酔を併用し、半分眠っているくらいの状態で手術を行います。痛みは感じません。術後は専用の回復室で2~3時間滞在したのち帰宅となります。当クリニックではそけいヘルニア手術は原則として日帰り手術としていますが、持病で重い病気を持っている方などで日帰り手術ができない場合もございますのでご了承ください。術後は24時間体制で緊急連絡をとれるようにしておりますので、自宅で安心して療養ができます。また、術前、術後を含め途中で入院を希望された場合は連携病院と相談し、すみやかに対応させていただきます。

さらに詳しくはコチラ

 

経鼻胃内視鏡

経鼻胃内視鏡
当クリニックでは極細径内視鏡による経鼻胃内視鏡を導入しております。従来の口からの内視鏡に比べて、苦痛が少なく、楽に検査がうけられるようになりました。経鼻胃内視鏡のおもな特徴として、吐き気が少ない、検査中に話ができる、検査終了後早期に食事やお水を飲むことができる等があります。胃内視鏡検査では、逆流性食道炎、胃潰瘍、胃炎、十二指腸潰瘍、胃ポリープ、胃がんなど胃、十二指腸の病気の診断が可能です。また、ヘリコバクターピロリーの検査も行うこともできます。

さらに詳しくはコチラ